朝すっきりと起きるためには、男性も女性も目覚まし筋トレをしよう

初心者はどこの筋トレから始める?

初心者はどこの筋トレから始める?

筋トレを始める場合、まず筋肉量の多い部位からトレーニングすることが効果的です。体全体に占める筋肉量の大きなものとして、大腿四頭筋(太腿)およびハムストリング(裏腿)、大殿筋(お尻)、三角筋(肩)、大胸筋(胸)、背筋(背中)があります。このことから、初心者の場合は、成果の現れやすいスクワットなど下半身を鍛える筋トレ、デッドリフトなどのお尻や背中、そしてベンチプレスなどの胸を鍛えるトレーニングをメインに据えます。

筋トレの中で代表的なスクワットの効果的なやり方

頭がすっきりする目覚ましとは?

頭がすっきりする目覚ましとは?

朝起きるのが苦手と言う人が近年多く見かけられます。そんな人に有効なアイテムとして挙げられるのがコーヒーです。コーヒーには目を覚ますカフェインが含まれていますので、頭を眠気から吹き飛ばす目覚ましには有効なアイテムと言えます。またチョコレートや梅干し、唐辛子など苦い食べ物を口にするのも有効な方法です。特にチョコレートには滋養強壮の作用もありますので、スッキリと目覚ましできるとともに、体質改善にも効果的です。

効果の高い眠気覚ましの方法や目覚まし方法とは?

筋トレの基礎

筋トレの基礎

筋トレを始める場合、筋肥大目的で行うか、ダイエット目的で行うかによってトレーニング方法が変わります。筋肉から見れば、速筋と遅筋のどちらを優先して鍛えるかになります。筋トレの基礎として、まずは筋肉量の多い部位(太腿や背中など)を優先しつつ、筋肥大が目的なら、自分にとって10回前後の回数で限界がくる重量のバーベルやダンベルを用いて速筋を鍛えます。それを3セット以上繰り返して筋肉を疲弊させ、その後数日の間休ませることで筋肥大を促します。ダイエット目的なら軽い負荷で回数を多く設定し筋持久力を高めることを狙います。

どんなに食べてもOK!?気になるダイエット法を紹介

寝起きを良くするための方法

寝起きを良くするための方法

寝起きが悪くて悩んでいる方は、就寝時刻を決めておく方法がおすすめです。非常にシンプルな方法ですが、これを実践すれば確実に寝起きはよくなるでしょう。睡眠時間は8時間程度は欲しいので、朝の5時に起床するなら前日の21時には眠る必要があります。睡眠リズムを整えるためには早寝早起きが基本であり、この習慣を続けていると自然と寝起きがよくなっていきます。朝起きられない方の多くは夜ふかしをしており、睡眠時間が足りていません。

筋トレを始めて一週間で筋肉はつく?

筋トレを始めて一週間で筋肉はつく?

結論から言えば一週間で筋肉はつきます。ただし、かなり小さな変化なので見逃してしまうケースが多いです。それから筋トレをする際にもコツが必要で、鍛えたい箇所に対して適切に刺激を与えるということです。例えば闇雲に腕立て伏せをするよりも、どの筋肉に効いているかを意識しながら行う方がはるかに効果が高いです。そして筋トレと同様に重要なのが食事です。タンパク質を多く摂るようにすることによって、筋肉が作られやすくなるのです。