初心者が知っておきたい筋トレの基礎知識や基礎メニュー

筋トレは3日に1回が基本?

筋トレは3日に1回が基本?

筋トレをやっている人の中には、毎日激しいトレーニングを続けるほど筋肉ムキムキになれると思っている人が多いですが、決してそうではありません。

筋肉の超回復のメカニズムをよく理解した上で筋トレを行うことが必要です。筋肉に大きな負荷を掛けてトレーニングを行うと筋肉が破壊されます。

しかし1日から2日経過すると破壊された筋肉が徐々に修復されて、破壊前よりも大きく成長します。これが筋肉の超回復と呼ばれるものです。

毎日激しい筋トレを行うと、前回のトレーニングで破壊された筋肉が十分に回復されない状態で再び破壊されてしまうため、なかなか筋肉が大きくなりません。

激しいトレーニングと休息の繰り返しが筋トレの基本、3日に1回の割合で筋トレを行うのが効果的です。

筋トレに食事制限は必要?

筋トレに食事制限は必要?

筋力アップや筋肉量の増大を目指すだけの筋トレであれば、筋肉の材料となるたんぱく質、アミノ酸を多く摂取する必要があります。

ダイエットを目的とする筋トレであれば、トレーニングと合わせて食事制限を行うことでダブルの引き締め効果が期待できます。

運動でダイエットする場合、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を思い浮かべる人が多いですが、筋トレもダイエットには有効です。

筋トレは無酸素運動の一種で、筋肉を鍛えることで基礎代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすい体に変わります。食事は高カロリーのものや糖分の多いものを控えることが基本で、炭水化物、野菜、たんぱく質をバランスよく摂取することが大切です。

トレと食事制限、有酸素運動を組み合わせ、継続して取り組むことがダイエットの王道です。

筋トレは激しすぎないレベルが基本?

筋トレは激しすぎないレベルが基本?

筋トレを行うと筋繊維が顕微鏡レベルで傷つき、タンパク質を摂取する事で傷ついた筋繊維を修復し筋繊維が太くなって筋力がアップしたりパンプアップします。

早くマッチョになりたいからと言って毎日高負荷のトレーニングを続けていると、筋肉が修復する時間が無くなってしまうので、トレーニング効果が低下してしまったり怪我の原因になったりする可能性があります。

筋トレは負荷が高ければ効果も高いと思われがちですが、効率よく筋力アップするためには激しすぎないレベルが丁度良いのです。

基本基本に忠実なフォームでトレーニングを行って筋肉に刺激を与えてさえいれば、間違いなく筋力アップし引き締まった体を手に入れることができるでしょう。