朝の寝起きに頭がすっきり起きられる目覚ましとは?

頭がすっきりするためにカーテンを開けよう

頭がすっきりするためにカーテンを開けよう

人間はそもそも朝起きることを辛く感じる生き物です。これは脳が持っている、寝続けていたいという習性が原因なので起きられないからと自分を責める必要はありません。

しかし朝にすっきりと起きて行動を開始するコツはあります。まずはカーテンを開ける習慣をつけましょう。朝日を浴びることで体内時計をリセットし、頭をすっきりさせてくれます。

光には視覚作用、覚醒作用、抗鬱効果、そして交感神経刺激などの様々な生体作用がありますから、一定の光量が網膜に到達すると脳を刺激するのです。

一番覚醒作用があるのは徐々に明るくなっていくことですから窓辺で眠る人はカーテンを閉めないのが良いのです。

しかし防犯のこともありますからカーテンを開けて眠ることが出来なくても良いので、起きたらまずカーテンをあけて朝日を浴び、頭を目覚めさせましょう。

頭がすっきりするには起きた後にスマホをチェックしよう

頭がすっきりするには起きた後にスマホをチェックしよう

朝から頭をすっきりとさせるために、スマホをチェックすることが役に立ちます。

ブルーライトには、紫外線と同じく強い覚醒作用があります。朝日を浴びるとすっきり目覚めることができるのは、このブルーライトの効果なのです。

目に入ることで脳が活性化するので、起床後にスマホをチェックすることが、脳の活性化につながり、朝から頭をすっきりさせることができるのです。

また、起床後すぐに歩くと脳の運動野を刺激することができ、脳が活動を始めます。そのためには、寝る前にスマホをベッドや布団から離れた場所に置いておくことが効果的です。

窓際にスマホを置いておき、ついでにカーテンを開けて朝日を浴びることで、さらにすっきりと目覚めることができます。

頭がすっきりするためにふとんの中でごろごろしよう

頭がすっきりするためにふとんの中でごろごろしよう

頭がすっきりするためにはひとつは体温を上げることが効果的です。全身に血が巡り体温が上がると、脳にも酸素などが行き届きやすくなるため、結果として頭がすっきりしやすくなると言えます。

特に朝、起きたばかりの時と言うのは、今までじゅうぶんに眠っていたはずなのに頭がすっきりしないと言うことも多いかもしれません。

そのような時には、全身の血行を促進させ体温を上げるためにふとんの中でごろころとするのがおすすめです。

膝を抱えるようにして体を左右にごろごろとさせるだけでも体温が上昇し、良い作用が期待できます。

また日中などで強い眠気に襲われて頭がすっきりしないと言う時も、少しの時間だけでもふとんの中でごろごろするのが望ましいです。

ごろごろと体を動かすことで自律神経の内、体を活発な状態に導く交感神経が優位になりすっきりとすることが期待できます。