朝の寝起きを良くするために実践したい対策方法をご紹介

寝起きを良くする生活リズムとは?

寝起きを良くする生活リズムとは?

寝起きの悪い方は、睡眠の質が悪い場合や、脳が深い睡眠に入っているときに強制的に起きようとしたりした場合に起こりやすいです。寝起きを良くするためには生活リズムを整えることがまずは大切です。

睡眠をつかさどるのは、メラトニンという睡眠を促すホルモンで、夜になると分泌され、朝になると減るというリズムがあります。

眠気を感じるサイクルは、起きてから4時間以内に外の光を浴びることで整えることができるので、朝起きたら外の光を浴びることがお勧めです。

睡眠の種類にも着目してみることも大切です。睡眠の種類には、浅い眠りのノンレム睡眠と、深い眠りのレム睡眠の二つがあり、睡眠サイクルが繰り返されるため、浅い眠りであるノンレム睡眠時に目覚めると寝起きが良くなります。

レム睡眠が訪れる周期は90分なので、90分周期で目覚めるようにすればすっきり起きることができます。

寝起きを良くするための室内環境とは?

寝起きを良くするための室内環境とは?

よく就寝時に真っ暗にしないと眠れないからと言って、部屋の遮光カーテンを閉めて真っ暗にしてしまう人がいますが、部屋をこのような環境にしてしまうと朝の寝起きが悪くなってしまいます。

人間の身体には体内時計が備わっていて、朝日の光を浴びることで体内時計のスイッチが入り、体温が上昇して身体を動かしやすくなります。

ですので、室内環境を朝日が全く入らない状態にしていると、体内時計が狂ってしまって体温が上がらず寝起きが悪くなってしまうのです。

寝起きを良くするためには、寝る時に遮光カーテンなどで光を遮らないようにしたり、朝日が当たる位置に顔が来るように頭の位置を変えてみたりなど、室内環境を整える工夫が必要になってきます。

寝起きを良くするためのサプリメントがある?

寝起きを良くするためのサプリメントがある?

寝起きを良くするためのサプリメントが果たしてあるのでしょうか。実は、ある特定の成分が配合されているサプリメントを飲むことで、寝起きを良くすることができると言われています。

そのうちの一つはオルニチンと呼ばれるしじみの成分です。オルニチンには、生活習慣や食生活の乱れによって引き起こされる体の不調を改善する効果があるため、寝起きをすっきりさせることができるのです。

また、寝起きを良くするサプリメントとして効果がある別の成分は、グリシンと呼ばれるアミノ酸です。

グリシンには休息の質を高める効果があるため、比較的短い睡眠時間しか取れないような場合であっても、グリシンが含まれているサプリメントによって効率良く疲れがとれるよう助けられることでしょう。